フィリピンは日本と比べると気候も環境もだいぶ違うため、留学中に体を壊してしまう人もわりといます。

特に多いのは食べ物が合わずにお腹を壊してしまうケースだと思いますが、それ以外にも風邪を引いて熱を出してしまう人も。

もしフィリピンで体調を崩してしまったときは、どう対処すればいいのでしょうか。現地の薬や病院などについてもあわせて紹介していきます。

icon-chevron-circle-down セブ留学のおすすめエージェント
無料資料請求で情報を集めよう↓

参考)おすすめ留学エージェントのメリットと評判!

スポンサーリンク

フィリピンの風邪に日本の薬は効きづらい?

フィリピンでひいた風邪は、フィリピンの薬でないと効きづらいと言われます。
留学中に風邪を引いてしまった人が、日本から持ってきた薬を飲んでいたところなかなか治らなかったのに、現地で買った薬を飲んでみるとすぐに良くなった、ということもありました。

やっぱりそもそもの環境なども日本とフィリピンでは大きく違うため、現地でもらったウイルス?などには、現地の薬がいちばん合うということなのだと思います。
モールに入っている薬局などで症状を伝えれば、それに合った薬をおすすめしてもらえます。

例えばセブあるあるなのが、のどの痛み。セブ市内などは車の通りが多くて空気があまり良くないため、よく外出していると、のどが痛くなる場合が多いです(対策として外出時はマスク着用をおすすめ)

その場合は、のどの痛み(英語で「sore throatソアスロート」)と伝えると、あまりおいしくないけど効果が大きいのど飴をもらえたりします。

 

とはいえ、薬局が学校のすぐ近くにある場合はいいですが、立地的にすぐ現地の薬が手に入らないこともあると思うので、日本でいつも飲み慣れている薬も念のため持っていくのがおすすめです。

特にやっぱりお腹を壊す人が多いようなので、心配な人は胃腸薬などを持っていくのが良いかと思います。
(個人的には3か月間の留学中、一度もお腹は壊さなかったので、個人差はあると思います)

病院の定期検診がある語学学校も

僕は、3か月の留学期間中に、1度だけ風邪を引いてしまいました。

ただ、留学していたHowdy(ハウディ)という学校では、週に1回病院の先生が検診に来てくれる日があり、ちょうど風邪を引いたタイミングがその検診日と合っていたこともあって、そこで診てもらいその場で薬をもらうこともできました。

先生は現地の人だけど日本語がかなり上手くて、症状を伝えるのに何の不自由もなかった。

これが学校での検診で僕がもらった薬。右のちょっと変な緑色のやつがのど飴です。味は美味しくないけど効き目はすごい。

薬局で買える薬も効きは良いものの、やっぱり病院の先生からもらえる薬のほうが効き目は抜群。
しかも、留学用の海外保険に入っていると、診察も薬もすべて無料でした。

特に中~長期の留学の場合は、こういう検診があったり、薬局や病院が近くにあるかなども、学校を決める際のひとつの基準として考えてもいいかもしれません。

関連記事)Howdy(ハウディイングリッシュアカデミー)の留学体験談・評判

 

フィリピンセブの病院は?海外保険は必須

もし、薬では簡単に治りそうにない、重い風邪や病気、怪我などを負ってしまった場合には、現地の病院に行くことになると思います。
ただ、フィリピンで病院に行くっていうのはなかなか不安も多いんじゃないでしょうか。

個人的には、上記の学校の健診以外に病院のお世話になることはなかったものの、留学中に仲の良かった人(同じくHowdyの生徒です)が高熱を出してしまい1日だけ入院していたので、その人に聞いた情報を紹介しておきます。

 

その人は、熱は高かったものの、特別そこまでしんどさはなかったようですが、フィリピンでは点滴をするときは基本入院になるようです。なので、病院に行って点滴をするとなった時点で入院が決定。
学校のスタッフに付き添ってもらい病院まで行き入院し、翌日には完治して退院していました。

この場合も、海外保険を持っていると診察費・入院費が完全無料で1円もかからなかったとのこと。
それも部屋は個室でテレビやシャワーもあって、食事が美味しくなかったことが以外はかなり快適だったようです。

また、症状を英語で説明するのが不安だったりすると思いますが、これも通訳がついてくれる病院が多いみたいですね。

フィリピンの病院というとちょっとイメージ的に心配になる人も多いかもしれないけど、意外と?医療面はしっかりしているようです。

もちろん何もないのがいちばん良いけど、薬や入院も無料になる海外保険(保険の種類などによっても違うと思いますが)は絶対入っておきましょう。

たぶん留学するときは必須に近い形で加入すると思うのですが、生徒の中には海外保険に入っていない人もいました。

 

体調を崩さないために注意したいポイント

上で紹介してきたように、フィリピン留学中に体調を崩したときも、薬や病院があるため安心ではあります。ただ、やっぱりいちばん良いのはそもそも体調を崩さないこと。

そのために、以下のような点には気を付けて過ごすことをおすすめします↓

  • パーカーなど上にはおるものを持っていく(気候は年中暑いけど、その分クーラーをガンガンにかけてるところが多い。学校も含めて)
  • 外出時はマスクをする(車が多くて空気があまり綺麗じゃない)
  • うがい・歯磨きに水道水を使わない(これでお腹をやられる人もいる)
  • 外食の時は除菌シートを使う(ビール瓶の飲み口やスプーン・フォークなど)

◎詳しくは↓の記事にも書いているので参考にしてみてください。
関連記事)衛生面は安全?フィリピンセブで注意したいポイント
関連記事)フィリピンセブ留学におすすめの持ち物リスト

以上、フィリピンセブ留学中に体調を崩したときについてでした。

現地に着いてから1~2週間ぐらいで身体を壊す人が多いようなので、短期留学の人でも注意は必要だと思います。

icon-chevron-circle-down セブ留学のおすすめエージェント
無料資料請求で情報を集めよう↓

参考)おすすめ留学エージェントのメリットと評判!


おすすめ記事

 icon-star 資金がなくても留学を実現!フィリピン・セブの「0円留学」がすごい

icon-smile-o フィリピンセブ留学の持ち物リスト!持っていって良かったのはこれ!

icon-search Howdy(ハウディ)の口コミ・評判!食事・設備重視ならかなりおすすめ