英語留学でセブ島へ。
社会人・親子留学にもおすすめ!日本人経営の学校で安心留学体験
口コミ・体験談

失敗しないために!フィリピン・セブ島の留学で注意したいポイント6つ

フィリピンのセブ島に留学するなら、もちろん「行ってよかった!」と言える体験にしたいですよね。

ただ、中には効果を感じず、「行って失敗だった…」と感じる留学生も少なからずいるようです。

そこで今回は、フィリピン・セブ留学で失敗しないために気をつけたいポイントについて、僕なりに思うことを書いていきたいと思います。

1)留学の目的をはっきりさせること

成功か失敗かといっても、まずそもそもどうなったら成功なのか、つまり目的が何なのかがはっきりしないと決められないですよね。

例えば、自信を持って英語を使えるようになることとか、海外旅行に行ったときに困らないレベルの英会話力を身に付けるとか、留学後のTOEICで○点以上を取るとか

試験を受ける人ばかりじゃないと思うので、ある程度は抽象的な目的・目標になってもいいと思います。ただ、自分の中でこれぐらいのレベルになりたい、というのは持っておくほうが良いです。

※個人的には、TOEICのためにフィリピン留学をするのはあまりおすすめしませんが。詳しくは下の記事に書いています↓
関連記事)フィリピン・セブ留学はTOEIC対策に効果的なのか?

それ以外にも、人によっては「たくさん友達を作る」とか、場合によっては「リゾート地で遊びまくる」などが目的の人もいるかもしれません。
それはそれで良いと思います。それもセブ島に来る良さですからね。

ただ、基本的には英語力を上げたくて留学する人が多いでしょうから、ここでは英会話の能力を上げるために重要な準備しておきたいポイントについて紹介していきます。

 

ちなみに僕の場合は、英語を使う国に行っても不便なく意思疎通が行える、その国に住めるぐらいの英語力を身に付けたくて、とにかく英会話の実戦経験を積みたいと思い、約3か月間留学しました。

結果、どこに行っても通用するような英語力、ペラペラ喋れるほどの英語が身に付いたかというと、さすがにそこまではなれなかった。例えばニュースなどでネイティブスピーカーが速く話す英語を聞いていると、まだ聞き取れない部分もあります。

ただ、英語で基本的な意思疎通を行う分にはほぼ問題なくなりました。
リスニングも早い段階で耳が慣れてきたし、喋るスピード(英語が出てくるスピード)も、特に留学終盤にはかなり向上を実感できた。

フィリピンでも、タクシーやお店、外に遊びに行ったときなどに現地の人と英語で話したけど、問題なく会話が成立した。

もちろんネイティブみたいにペラペラ喋れるようになるには、まだ大きい壁はあるんだろうけど、ひとまずこの段階まで来れたことで、自分の中では満足はできるフィリピン留学だったと思っています。

icon-chevron-circle-down セブ留学のおすすめエージェント
無料資料請求で情報を集めよう

参考)おすすめ留学エージェントのメリットと評判!

2)留学前の勉強。特に最低限の文法と単語力は大事!

留学を失敗に終わらせないために何より大きいのは、この事前の勉強だと思います。
たまに、ほぼゼロぐらいの状態で留学に来ている人もいましたが、正直なかなか効率は良くないと感じました。

まず最低限の文法と、ある程度の単語力がないと、マンツーマンの英会話がなかなか成立しづらいです。
目的が、「英会話に触れてみること」「簡単な英語でもいいから使ってみること」という感じであればそれでもOKかもしれませんが、英語力をしっかり伸ばしたいのであれば、事前の準備は重要だと思います。

文法については、高校までの学校の教科書レベルの理解があれば十分だと思います。
単語力に関しては、これはもうあればあるほど良い。理想は、単語の本を一冊終わらして、現地でも繰り返し使うという方法です。

文法力(こういうことを言いたいときにはどのパターンを使えばいいのか)と、単語力(これは英語で何と言うのか)がある程度あれば、マンツーマンの英会話も成立します。
成立すれば、あとは量をこなし改善していけば、英会話力はどんどん伸びていきます。

関連記事)フィリピンセブ留学する前に準備しておいたほうがいい単語力と文法力

 

3)授業中はスピードを意識&英語で言えなかったことをメモ

3つ目はちょっと細かいところですが、現地での勉強の仕方について。

まず授業中ですが、特に最初の頃は、なかなか言いたいことが英語で出てこない場面が多いと思います。
そのときに、その「言いたいけど言えなかった内容」をメモするなどして覚えておきましょう。そして、その日のうちの自習時間に、どう言えば良かったのかを調べて学びます。

僕の場合は、これを繰り返しやったことによって、文章のパターンが増えていきました。

授業中に新しい単語が出てきたときにメモするというのはみんなやっていたけど、この言いたいけど言えなかった内容について調べる、というのは意外とやっていない人が多かった気がします。

あとは、マンツーマンの会話中は、喋るスピードを重視すると良いと思います。
最初はすらすら出てこないのは分かります。僕も完全にそうでした。でも、全然完璧な正しい英語じゃなくてもいいから、無理やりにでもとにかく何か喋る。これがけっこう大事だと感じました。

自分のレベルより多少無理なぐらい速く喋ることを意識する。これで、僕はスピーキングのスピードが上がっていきましたね。

 

4)学校選び

学校選びも、ひとつの大きなポイントにはなると思います。

まず、勉強以前に環境面が自分に合うか、ということも重要。中には、食事が合わず体を壊してしまい、1週間ぐらい授業に出ず部屋で寝ていたという人もいるようです。
授業に出られなかったというのは、やっぱり失敗経験といえそうですよね。

それ以外には、周りの本気度がどれくらいあるかというのもポイントだと思います。

例えば、学校にもよるけど、学生が多い時期だと、同世代で集まっていろんなところに遊びに行って、楽しかったけど「あれ?英語力伸びたっけ?」みたいなことにもなりかねません。というか、留学中はわりとそういう感じの学生も見てきました。

なので、スパルタ式の学校を選ぶべき、とは言いませんが、勉強に真剣に取り組めそうな環境を選ぶのも重要だと思います。
学校を選ぶ基準については、下の記事も参考にしてみてください↓

関連記事)フィリピン・セブ留学の学校を選ぶ基準とおすすめの学校

 

5)強い意志で自習時間を確保

上にも関わってきますが、まあ勉強できるかどうかって、最終的には自分次第なところがありますよね。

英語力を伸ばす上で、自習は必須だと思います。
基本的に、授業はアウトプットの場(覚えたことを試す場)で、インプット(単語や文のパターンを覚える)は自習で学ぶ、という意識は持った方が良いと思います。

そんな中、遊びに誘われたとき、毎回一緒に遊びに行っていると自分の勉強時間を取ることが難しくなる。もちろんいつも断るのはしんどいかもしれないけど、どれだけ強い意志で勉強時間を確保できるかというのは、大きいと思います。

僕の場合は、仲の良い友達が1日9時間の授業で、僕は7時間だったので、自分の授業が終わってからの2時間程度はまず最低限、自習に当てるようにしてました。

また休みの日も、いつも人の予定に合わせるのではなく、ひとりで1日中勉強していたこともあった。
留学中は友達も多くできて楽しいかもしれないけど、やっぱりある程度、意識的にひとりになる時間も大切だと思います。

 

6)留学期間

最後は、留学期間についてです。

いくら真面目に準備して現地でもしっかり勉強していたとしても、やっぱり1週間などの短期間で劇的な効果があるかというと、正直難しいです。
学校や仕事などの関係でスケジュールは融通が利きづらい部分でもあると思いますが、なるべくまとまった期間を確保して留学するのをおすすめします。

留学期間の考え方については下の記事も参考にしてみたください↓

関連記事)フィリピンセブ留学の期間の決め方は?

 

まとめ

長くなったのでまとめると、フィリピン・セブ留学を失敗に終わらせないために僕が大事なポイントだと思うのは、以下のような感じです。

  1. 留学の目的・目標を考える
  2. 留学前に文法・単語の勉強をしておく
  3. 現地の勉強方法
  4. 勉強に集中できる学校を選ぶ
  5. 自習時間を確保する
  6. ある程度長い期間がおすすめ

フィリピン・セブ留学を成功させたい、と考えている人は参考にしてみてください。

icon-chevron-circle-down セブ留学のおすすめエージェント
無料資料請求で情報を集めよう

参考)おすすめ留学エージェントのメリットと評判!


おすすめ記事

 icon-star 資金がなくても留学を実現!フィリピン・セブの「0円留学」がすごい

icon-smile-o フィリピンセブ留学の持ち物リスト!持っていって良かったのはこれ!

icon-search Howdy(ハウディ)の口コミ・評判!食事・設備重視ならかなりおすすめ