フィリピンセブ留学では、1日7時間授業・9時間授業などいくつかのコースを用意している学校が多いと思います。(スパルタ式の学校であれば、もっと授業数が多いところも)

特に留学が初めてで若干不安もある人や、自習や仕事などで授業以外にも自分の時間が欲しいと考えている人にとっては、どれくらいの授業時間(コマ数)が適正なのか、迷うところかもしれません。

そこでここでは、学校での1日のスケジュールを、私が留学していたHowdy(ハウディイングリッシュアカデミー)を例に紹介していきます。

ちなみに、Howdyはスパルタ式の学校ではなく、これがいわゆるセブ留学の学校のいわゆる標準的なスケジュールじゃないかと思います。

関連記事)Howdyの口コミ・評判

icon-chevron-circle-down セブ留学のおすすめエージェント
無料資料請求で情報を集めよう↓

参考)おすすめ留学エージェントのメリットと評判!

 

スポンサーリンク

Howdyの1日のスケジュール

Howdyでの授業スケジュールは、大きく分けると1日7時間のコースと9時間のコースがありました。

グループ授業を取っている場合は、内容やスケジュールによって、グループクラスが午前中に2つ固まることもあれば、午前・午後に別れることもあります。

以下が、1日の大まかなスケジュールです↓

▼7:30 起床・準備

▼8:00 朝食(授業開始までの好きな時間に摂ってOK)

▼8:30~12:20 授業(50分×4)

▼12:20~13:30 昼食・休憩

▼13:30~16:20 授業(50分×3)
※1日9コマの場合は~18:20(50分×5)

▼夕食・外出など

▼~22:00 門限(金曜・土曜は~26:00)

1日7時間授業の場合は、基本的に授業が終わるのが16:30。(生徒数が多い時期は、間に休憩時間が入ったりして、終了時間が遅くなる場合も)
ふだん会社で働いていたりする人からすれば、だいぶ早めで時間に余裕もありますね。

一方、9コマの場合は18:30なのでちょうど定時ぐらいの時間ですが、わりと授業でびっしりなので、9コマ受けている人は特に最初の週あたりは疲労感もあるようでした。

なので9コマの場合は、留学期間が短い人が短期集中で頑張るという場合におすすめ、といえるかもしれません。

 

逆に、1~2か月間などある程度の期間滞在する人は、1日7時間のほうが無理なく続けれて個人的にはおすすめです。

英語力のアップのためには、基本的には授業だけでなく自習も大事だと思っているので、ある程度授業以外の自由な時間がとれたほうが良いと思います。
まあもし7時間で物足りなく感じれば、現地で9時間にコース変更することも可能ですしね。

 

ちなみに、Howdyでは、1週間ごとにスケジュールの見直しがあり、マンツーマンの先生や参加するグループが変わる可能性がありました。

担任に「この先生の授業は良かった」など希望を伝えておくと、ほとんど変わることなく固定にしてもらうこともできたけど、そのあたりは生徒の数などによっても変わってくると思います。(生徒数が多い時期はやっぱり融通は利きづらくなる可能性が高いです)

 

授業以外の時間のおすすめの過ごし方

夕方以降など、授業以外の時間はどう過ごすのが良いか。

もちろん、部屋の掃除や洗濯を出しに行ったり、友達と一緒に外出することも多いと思います。
でも、個人的には、せめて1日1~2時間程度は自習時間をとるのがおすすめです。

例えば、自分が7時間コースで友達が9時間コースの場合は、16:30~18:30の時間を使えますね。
個人的にも、仲の良かった人が9時間コースを取っている場合が多かったので、それが終わるまでの2時間はわりと毎日集中して勉強できました。

関連記事)フィリピンセブ英語留学中におすすめの勉強本4冊

またそれ以外では、Howdyの場合は平日の門限が22時に設定されていて、1階ロビーの電気もその時間で消えるため、その後部屋に戻ってからの時間を使って勉強する人も多かったですね。
授業開始は8:30と比較的朝はゆっくりできるため、多少夜は遅くなっても大丈夫というのもあると思います。

以上、セブの学校での1日のスケジュール・授業時間などについてでした。

icon-chevron-circle-down セブ留学のおすすめエージェント
無料資料請求で情報を集めよう↓

参考)おすすめ留学エージェントのメリットと評判!

 


おすすめ記事

 icon-star 資金がなくても留学を実現!フィリピン・セブの「0円留学」がすごい

icon-smile-o フィリピンセブ留学の持ち物リスト!持っていって良かったのはこれ!

icon-search Howdy(ハウディ)の口コミ・評判!食事・設備重視ならかなりおすすめ