フィリピンセブ留学の学校には、スパルタ式といって、かなり多い授業数と厳しい規則(母国語禁止や門限など)を設けているところもあります。

授業数でいえば、1日最大12時間程度の授業を行う学校も。
時間割を見てみると、朝の7時台から授業が始まり、最後の授業が終わるのが21時など、まさに1日中英語漬けの超ハードなスケジュールが組まれていることもあります。

留学先を考えるときに、このスパルタ式の学校を選択肢にあげる人もいるんじゃないでしょうか。
今回は、そのメリット・デメリットについてあげていきたいと思います。

icon-chevron-circle-down セブ留学のおすすめエージェント
無料資料請求で情報を集めよう↓

参考)おすすめ留学エージェントのメリットと評判!

スポンサーリンク

スパルタ式の学校とは?

上でも挙げている通り、スパルタ式の学校とは、厳しい規則があり、とにかく英語に集中して勉強することを重視した学校です。

門限が早いのはもちろん、学校によっては平日の外出は禁止というところも。
また、教室内で母国語を話すのは禁止で、何回か喋ってしまうと退学になってしまうほど厳しいルールが設けられている学校もあったりします。

また、朝から晩まで授業がある上に、ほぼ毎日といっていいほどテストが用意されている場合が多いです。

もちろん同じスパルタ式といっても、学校によってルールの厳しさは変わってくるものの、基本的には、本当に英語だけに本気で集中して取り組みたい、という場合に向いているスタイルといえそうです。

スパルタ式のメリット

このスパルタ式の学校に行くメリットとしては、以下のようなポイントがあるかと思います。

  • まず何といっても、英語だけに集中する環境が半強制的に作れる(自由な学校の場合はどうしても遊んでしまいがち)
  • 生徒も本気で英語を勉強したい人が集まる。英語に本気な仲間ができる
  • テストもあるため、必然的に復習の時間も必要になる(留学では授業だけでなく自習もかなり大事)
  • 英語だけに集中するため外出した時の危険などがない(繁華街に行って財布やスマホをなくしてしまったりする生徒は意外といます。とはいえ、スパルタ式でも週末は外出する機会も多いと思うため注意も必要ですが)

などでしょうか。

例えば、留学中は英語に集中したいけど、なかなか自分の意志で自習時間を取るのは難しそう。放っておくと遊んでしまいそうだから強制的にやらされる環境のほうが良い、という人にはおすすめできますね。

ただ、あまり長期間の留学になるとさすがに少ししんどくなる人も多いと思うので、スパルタ式の場合は、比較的短期(~1か月程度)の留学で考えるほうが良いかもしれません。

 

スパルタ式のデメリット

一方のデメリットは以下のようなポイントかと思います。

  • 厳しすぎてストレスを感じてしまう(中には、逆に英語を勉強するモチベーションをなくしてしまう人も)
  • 週末以外に気晴らしできる時間が少ない(学校によっては平日の外出が禁止されていることも)
  • 自由時間が少ない(自分の勉強や仕事などをするのが難しい)

など。

英語留学とはいえ、友達を作ったり、観光や遊びもしっかり楽しみたい、という人にとってはちょっと厳しすぎると感じる環境かもしれません。

そういう人にとっては、スパルタ式ではない、比較的自由の多い学校を選ぶ方が合っていると思います。
ただし、その場合に英語力をしっかり伸ばそうと思うと、やっぱり自分で時間を決めて自習もする必要があると思います。

 

ちなみに、私が留学した学校Howdy(ハウディイングリッシュアカデミー)は、スパルタ式ではないのですが、平日の門限は22時、さらに立地的にそこまで遊びに便利な場所というわけでもなかったため、個人的には勉強にも集中することができました。

たまには平日にも遊びに行きつつ、自習の時間はしっかりとる。かつ、自分の仕事も空き時間に少しやっていたので、自分で時間を管理できる人にはちょうど良い環境じゃないかと思います。
特に社会人の人にとっては向いている学校だと思いますね。

関連記事)Howdyの口コミ・評判

以上、フィリピンセブ留学のスパルタ式の学校のメリット・デメリットについてでした。

まとめると、スパルタ式の学校は、自分の自由な時間がある程度欲しい場合にはおすすめできないけど、英語にとにかく集中したいという人にはおすすめ、という感じでしょうか。

icon-chevron-circle-down セブ留学のおすすめ留学エージェント
無料資料請求で情報を集めよう↓

参考)おすすめ留学エージェントのメリットと評判!


おすすめ記事

 icon-star 資金がなくても留学を実現!フィリピン・セブの「0円留学」がすごい

icon-smile-o フィリピンセブ留学の持ち物リスト!持っていって良かったのはこれ!

icon-search Howdy(ハウディ)の口コミ・評判!食事・設備重視ならかなりおすすめ