ある程度長い期間留学していると、先生たちとたくさん話したり現地の人の様子を見る機会も増え、フィリピン・セブの文化についても知るようになってきます。

今回はフィリピンでメジャーなスポーツについて紹介します。
もしこれらのスポーツに興味がある人であれば、先生たちとの会話も盛り上がりやすいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

一番人気はバスケットボール

タイトルにも書いている通り、フィリピンでいちばん人気のスポーツはバスケットボール
これは先生に聞いてもそうだったし、街中の様子を見てもそう感じました。

実際、フィリピンには、NBAならぬPBA(Philippines Basketball Association)と呼ばれるバスケのプロリーグもあり、これはアジアでは初のバスケのプロリーグとのこと。
テレビではゴールデンタイムにそのPBAの試合が中継されていることも多かったし、屋外にあるビジョンでその様子が流れていると、子供たちも夢中になって集まって見ていました。

純粋なフィリピン人の男性はわりと小柄な人が多く、それこそ日本人男性よりも平均的に身長は低いぐらい。ただ、ハーフやクオーターも多く、その場合は大柄な人が多いようですね。

 

街中でも、バスケコートやバスケゴールを見かけることも多くて、それこそ貧困エリアでもゴールが置かれていることは珍しくなく、裸に裸足みたいな子供たちが3on3をしているのを見かけることは多かった。
中には、手作りに近いようなバスケットゴールでプレーしていることもありました。

僕はバスケにはあまり詳しくはないけど、これまでに何人もNBAでプレーしているフィリピン人選手はいるようなので、やっぱり人気のスポーツなだけあってレベルもなかなか高いようですね。

 

パッキャオを輩出したボクシング大国

また、マニー・パッキャオという名前は知っている人が多いと思うけど、ボクシング世界6階級制覇をしたパッキャオの母国なだけあり、フィリピンではボクシングも人気。
パッキャオ以外にも世界トップクラスの選手が多くいます。

セブでも、ボクシングジムを見かけることも多く、ショッピングモールの中に入っているジムでわりとガチなトレーニングをしている人たちもいました。
ボクササイズとして始める女性もいるようだけど、パッキャオのような成功を夢見てボクシングのトレーニングに励む少年たちも多いようです。

 

ビリヤードの世界チャンピオンも

あとは、ビリヤードも人気で、これも世界チャンピオンも輩出しているほど。

それこそ、セブでは夜のお店にも行ったことがあったけど、お酒を飲む席の横にビリヤード台が置かれている店がありました。
やってみたけど、そこのお姉さんたちも普通に上手い子が多くて、対決したら僕を含めた日本人の男たちは負けてました笑。

 

サッカーはマイナースポーツ

個人的にはサッカーが好きなのですが、日本に比べるとフィリピンではまだまだサッカーはマイナースポーツのようですね。

なかなか街中でサッカーをしている子は見かけなかったし、例えば国の代表チームでも、国別のチームの強さを測るFIFAランキングを見れば、2017年10月現在でフィリピン代表は116位。日本代表が44位なので、日本と比べてもだいぶ差があることが分かります。

ただ、2017年3月から「フィリピンズ・フットボール・リーグ」(PFL)という新たなサッカーのプロリーグが誕生
まだ参加チームは8チームと少ないし、人気を得るには時間もかかるだろうけど、今後はサッカー人気も高まっていくかもしれませんね。

 

以上、フィリピンで人気のスポーツについてでした。

バスケ、ボクシング、ビリヤードと、いくつかの競技では世界トップクラスの結果を残している国なので、身体能力的には恵まれているのかもしれません。

実際に生であの貧困の状況などを見ると、恵まれた環境でスポーツに打ち込める子供は一部だろうけど、
南米とかもそうであるように、サッカーはお金が無くてもボールひとつあれば始められるスポーツなので、フィリピンにももっとサッカーが広まれば良いなと個人的には思いますね。


おすすめ記事

 icon-star 資金がなくても留学を実現!フィリピン・セブの「0円留学」がすごい

icon-smile-o フィリピンセブ留学の持ち物リスト!持っていって良かったのはこれ!

icon-search Howdy(ハウディ)の口コミ・評判!食事・設備重視ならかなりおすすめ