フィリピンセブ留学で英語力を効率よくアップさせるためには、留学前に最低限これだけは勉強しておいたほうが良いと思うことがあります。

それは、単語力と最低限の文法の理解

もちろんそれ以外にも挙げ始めればいろいろあるとは思いますが、個人的にかなり大事なのはこの2つだと思います。

以下、詳しく紹介していきます。

icon-chevron-circle-down セブ留学のおすすめエージェント
無料資料請求で情報を集めよう↓

参考)おすすめ留学エージェントのメリットと評判!

 

スポンサーリンク

留学前に上げておきたい単語力

英会話の経験があまりない初級者の場合、まず留学して最初の授業で感じることが、
「英語が出てこない…!」ということじゃないかと思います。

個人的にも、1週間目、特に初日の授業を受けた後は若干のショックがありました。自分はもうちょっと話せるんだと思っていました。

 

学校によっても多少違うかもしれませんが、マンツーマンの授業は基本的に1回が50分。
50分もの間、英語だけで会話するとなると、当然いろんなパターンの会話をする場面が出てきます。

そのときに困るのが、「このニュアンス、英語で何て言うんだろう…。この感じが言いたいけど言えない…」という場面。

先生に若干誤解して伝わっているけど、でも正確なニュアンスで伝えるのが難しくて、もやもやっとしてしまうときもありました。

 

それを解決する大きなポイントは、やっぱり単語力です。

もちろん単語だけでも会話はできないんだけど、単語を多く知っていればそれだけで会話の幅がだいぶ広がります。
たとえ単語のみのカタコトに近い文章であったとしても、正しい単語さえ出てくれば先生も何となくくみ取ってくれることもあります。

留学さえすれば自然と話せるようになる、ということはありません。
やっぱり言語を学ぶ上で当たり前すぎるぐらいの基本的なことではあるけど、単語力は相当重要だと思います。

 

単語力アップにおすすめの本

単語力を付けるにはどうすればいいか。

もちろんレベルなどによって選び方はいろいろあると思いますが、個人的におすすめは、定番ですが英単語帳の「DUO3.0」を使うこと。

レベルとしては、TOEIC600~780点、英検準1級を狙えるレベルの単語が収録されています。


DUO 3.0―Amazon

これの何がいいかというと、単語をひとつひとつ単語単位で覚えるのではなくて、多くの文章が載っていてそこに覚えるべき単語が入っているというスタイルだということ。

何を言ってるか分かりづらいかもしれないので例文を↓

こういう文章の形で、多くの単語・熟語を覚えていくことができます。

単純にひとつひとつの単語の意味を覚えていくよりも、文章で理解して覚えることで、印象に残りやすく、次に出てきたときに思い出しやすくなります。

また、すべての文章を約45分で一回り流してくれる音声CDも出ています。それを使えばひと通り意味を勉強したあとは、音声を繰り返し聞くことで、通勤・通学時間などの時間を使って効率よく勉強していくことができます。

 

個人的には、留学前から始めていたものの、やり切らないうちに留学に行ってしまいました。

3か月間の留学だったので向こうで終わらせる時間はあったものの、日本でもっと早くやっておけば最初からもう少しスムーズに会話ができただろうなと、少し後悔がありました。

これから留学を考える人は、学び方はDUOじゃなくても他の書籍でもアプリでも何でもいいと思うので、やっぱり単語力は上げておくことをおすすめします。

 

最低限の文法・パターンを知っておく

もうひとつは文法力です。

会話には文法はあまり関係ないとか言われることもあるけど、やっぱり重要です。

ただ、文法といっても細かいところ、例えば三人称単数の場合は動詞にsを付けないといけないとか、そういうところはあまり大事ではないかなと思います。(TOEICなど試験を受ける場合はもちろん重要になってきますが)

正直、会話の時もみんなそれほど動詞の形は気にしていないと思います。

 

それよりも、最低限のパターンを覚えておくことが重要だと思います。
そのニュアンスを伝えたいときは何を使えばいいのか、最低限のパターンを知っておくこと。

例えば、「can」「will」「have to」、5W1H、否定、命令、比較、などなど。
「~ができる」「~できますか?」と言いたいときに「can」を使えばいい、と出てくる状態にはしておきたい、ということです。

つまり、そんなに難しいことではなくて、高校英語までの教科書レベルの基本的な文法があれば個人的には留学前の知識としては十分だと思います。

 

文法のおさらいにおすすめの本

ただ、英語の勉強からだいぶ離れてしまい、基本的なところをもう忘れてしまったという人もいると思います。

文法のおさらいと深い理解におすすめなのは、これも定番の参考書ですが「一億人の英文法」という本。


一億人の英文法 ―Amazon

文法をすべて体系的にまとめられているものではなく、読み物に近い文法本ですが、読みやすくて、「英語を話すための文法」をコンセプトに作られているので面白い。

例えば、会話の中でどの前置詞を使えばいいか難しい場面はわりと出てくるけど、その基準なども分かりやすくまとめられています。

「高校レベルの英語はひと通り理解しているつもりだけど、いまはだいぶ忘れてるかも…」という人にはちょうど合うと思います。

これも、留学前にひと通り読んで終わらせていくのがおすすめです。

 

以上、留学前に勉強しておいたほうがいいと思う内容についてでした。

あとはそれ以外では、英会話に慣れる練習として、オンラインの英会話サービスを無料体験してみるのもおすすめです。

おすすめは「ネイティブキャンプ」というサービス。予約なしで24時間利用することが可能で、パソコンはもちろん、スマホでも簡単に利用できます。

フィリピンでのマンツーマン授業の雰囲気も何となく分かるんじゃないかと思うし、何より無料で利用できるのでかなりお得。

◎この長州小力さんの動画が分かりやすい↓

◎公式サイトはこちらから↓
オンライン英会話ネイティブキャンプ


icon-chevron-circle-down セブ留学のおすすめエージェント
無料資料請求で情報を集めよう↓

参考)おすすめ留学エージェントのメリットと評判!

 


おすすめ記事

 icon-star 資金がなくても留学を実現!フィリピン・セブの「0円留学」がすごい

icon-smile-o フィリピンセブ留学の持ち物リスト!持っていって良かったのはこれ!

icon-search Howdy(ハウディ)の口コミ・評判!食事・設備重視ならかなりおすすめ